安全教育に関する目的・課題

  1. 安全教育に関する目的・課題

 目的・課題をクリックすると、最適な製品・ソリューションがご覧いただけます。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
実際に体験や体感により危険を疑似体験することで、安全意識を高め、作業中の事故を未然に防ぐことを目的としています。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
機械の誤操作、不用意な動作、機械清掃中の事故など、「ヒューマンエラー」による危険リスクを軽減のための安全教育ツールです。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
「慣れ」や「慢心」による事故防止の為にも日頃の安全教育が重要です。
安全意識の向上、安全の再確認のための安全教育ツールとしてお使いいただけます。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
実際に体験や体感により危険を疑似体験することで安全意識を高め、「技術不足」「知識不足」によるケガや事故の発生を未然に防ぐことにつながります。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
本装置は、感電,巻き込まれ,挟まれ等の危険を疑似体験することで、安全への意識を高め、ヒューマンエラーのリスクを軽減することができます。

危険(安全)体験装置シリーズ

『危険(安全)体験装置シリーズ』で解決できます。
安全教育は業種を問わず重要であることがいえます。
幣社の危険(安全)作業体験装置は、労働現場で起こる「感電」「巻き込まれ・挟まれ」を体験するための安全教育ツールです。
それぞれの危険を、疑似体験装置を使って安全に体験していただくことができます。

感電・人体電気抵抗体験装置

『感電・人体電気抵抗体験装置』で解決できます。
手のひらに電圧を掛け、感電による危険を体験する装置です。
乾いた状態・少し汗ばんだ状態・濡れた状態で体験して、その違いを実感できます。

 このページの先頭へ戻る

  • 技術・強み
  • 実績・輸入先

ページの先頭へ